満期前の手形を現金化|sfaをしてどこにも負けない会社を築こう

sfaをしてどこにも負けない会社を築こう

IT

満期前の手形を現金化

女の人

短時間で現金化が可能に

企業同士の取引の際には購入した商品やサービス代金の支払い方法として、現金ではなく振込や手形といった方法が多く使われています。特に約束手形は大企業から中小企業までよく利用されている信用取引の形態で、一定の期日の後に現金化される仕組みです。手形を発行する側の企業にとっては支払いを猶予してもらえるというメリットがあるため、すぐに現金が用意できない場合でも円滑に取引を進めることができるのです。一方の相手先企業にとっては取引先企業を信用して、期日まで支払いを待ってもらう形となります。資金繰りに余裕のある企業はともかくとして、起業間もないベンチャー企業やすぐにまとまった現金が必要な中小企業にとっては不利な取引方法です。そのような場合でも手形割引という便利な方法を利用すれば、満期を迎える前に手形を現金化することができます。手形割引は銀行や金融業者が行っているサービスで、手形の額面から金利や手数料を差し引いた金額を現金化してくれます。銀行は依頼先企業の信用を重視するため審査に時間がかかりますが、手形割引業者は銀行よりも短時間で現金化してくれることから特に中小企業の間で人気を集めています。

金融機関よりも審査に有利

手形割引を行っている金融業者では銀行と違って手形そのものの信用度を重視しており、手形発行元企業が信頼できれば短時間で換金してくれます。大手企業と取引しているケースでは、銀行よりも金融業者を利用した手形割引の方が有利となるものです。数日もかかるような審査を必要とせず、通常は1時間以内という短時間査定で手形を現金化できます。銀行で手形割引を行う際には定期預金や不動産の抵当権などの担保が必要になりますが、業者を利用する場合はそれも不要です。保証料や割引枠の上限など、銀行より手形割引業者の方が有利な点は他にも多く挙げられます。開業間もない企業や独立事業主では、銀行の信用を得ていないケースやそもそも銀行と取引していない例が多いものです。大手企業では取引の際に約束手形を使用する例が多いため、中小企業や個人事業主にとっては資金繰りの点で大きな負担となってしまいます。そうした場合でもスピード査定が可能な手形割引業者を利用することで資金繰りが楽になり、大手企業相手にもストレスなく取引を続けることができます。そのようにして多くの中小企業が資金繰りの危機を何度も乗り切り、経営を安定軌道に乗せてきたのです。