sfaをしてどこにも負けない会社を築こう

婦人

生産効率を上げる

男性女性

企業において、生産効率をあげるためは、社員のモチベーション向上が欠かせません。社員の満足度を理解するには、言いにくいことも客観的なデータが必要で、組織診断を利用すると、見えにくい社員の声がデータ化され、課題が明らかになります。

詳細を読む

総務業務の効率化

女の人

総務部門は少人数のスタッフで効率よく業務をこなしていかなければなりませんが、社内の申請、届出が紙ベースで行われている為、業務に忙殺されているのが現状です。そのため、最近では多くの企業が総務部門にワークフローシステムを導入し、業務効率化やコスト削減につなげています。

詳細を読む

満期前の手形を現金化

女の人

企業間の取引では現金や振込ではなく約束手形を使った支払いが多く行われていますが、手形は期日にならないと現金化できません。銀行や金融業者による手形割引を利用すれば、金利を差し引いた額で手形を現金化できます。銀行では審査に時間がかかる上に依頼先企業の信用を重視しますが、業者は短時間での現金化が可能です。

詳細を読む

営業支援ソフトのメリット

男女

顧客情報を一元化できる

sfaとは営業支援のことですが、多くの企業が導入しています。sfaには色々なソフトがあるので、これから導入する場合には必要な機能があるかどうかを確かめることが大事です。sfaの一般的な機能としては、顧客管理があります。これは営業担当者が過去にどのような顧客と接したか、その成果、現状、その後のアプローチなど全ての顧客情報を一元化して管理できる機能です。また見込み客管理機能もあります。これは投資対象者が企業のマーケティング活動にどのように反応して投資を行っているかをデータ化する機能です。モバイル機能によって営業担当者がスマホなどで顧客取り引きを行う前に連絡したり、データを見たりできます。このようにsfaシステムを導入することで、営業支援に関する色々な機能が簡単に利用できるようになります。

営業の無駄を省ける

sfaシステムの良い点は、これまで営業担当者がそれぞれ管理保管していた顧客データを一元化できることです。そうすることによって社内の営業部門とは別の部署でも顧客データを利用することができます。今は1つの事業部だけで完結する業務内容はほとんどなく、色々な部署が有機的に関連しています。顧客データを一元化して見える化できれば、事業計画も立てやすくなるのです。例えば営業成績に伸び悩んでいる場合、sfaシステムがあればグラフや図表化して検討材料にすることができます。グラフや図表化すると、営業方針や事業運営の欠点が見えやすくなって対策が立てやすくなります。また経営者にとっては営業の無駄を省いて効率化し、コスト削減を実現できます。